· 

初めての味噌作り

毎週火曜日はかり屋のギャラリースペースnayaにて、オーガニックの地元野菜を販売されている

『遊佐農場』さん。

冬限定のワークショップ「手作り味噌」体験に参加しました!

 

遊佐さんこだわりの材料を用意して頂きました。

味噌の材料は、大豆・糀・塩の三つ。シンプルです。

ホカホカの大豆をつぶして(豆感が残っている味噌が好きです。)塩・糀としっかり混ぜ合わせ、

空気を抜きながら、容器に詰めて、仕込みの出来上がり!

そして、作り手の常在菌や、作る場所の常在菌も味噌の発酵に加わるので、

同じ材料でも違った味わいになるそうです。

はかり屋の古い建物で作ったお味噌、味わい深いものになりそうです!

 

出来上がりは一年後。楽しみですね。

 

「畑の肉」といわれる大豆は、肉類とほぼ同じたんぱく質量です。

味噌は、栄養豊富な大豆を発酵させることによって、アミノ酸やビタミンなどが生成されるので、

さらに栄養が優れた食品になるんです。

ぜひ、一日一杯のお味噌汁を!

同じ大豆発酵食品で、私の大好きな『納豆』!

遊佐さんが販売している『手作り奥むさし納豆』粒が大きくて、大豆の味が濃いんです。

この納豆は、お塩で食べるのも美味しいですよ。

 

今回味噌作りを体験して、日本食や発酵食品の奥深さを改めて感じました。

自分で手間をかけた分、美味しさもきっと倍増です。

 

セラピスト ゆるくま